2014年02月13日

no-title

2014/02/09:番長

この日は信テレ技術講習。
朝一はスカイビューゲレンデでフリーラン。
付いているシュプールが実に気持ち良さげだが、いざ自分で滑るとなんだこりゃ?
底付きするし、乗っている雪はパックされて重いし、風で飛ばされて雪の厚みがバラバラだし。。。
この雪でワシの腕前ならロッカーでセンター120mm以上は必要だ!!(笑)

講習は最初はボーゲンで片方のエッジを外すという緩いところから始まったが、そこからいきなりスカイビューの凸凹斜面で斜滑降を繰り返すという二木さんのドS炸裂!、に答える信テレ組員のドM炸裂(笑)でワシは心の中では「あー早く緩斜面戻りてぇー」って感じであった。
緩斜面に戻ったらエッジの切り替えのメソッドだったが、動画撮りに集中してて何を言ってたのか細切れにしか覚えていない。
動画を見ても言っていた事が全部撮れていた訳では無いのでウ〜ンって感じです。
とりあえず骨盤を上に向け同時にブーツの中で前頸骨筋を緊張+アンギュレーションで安定を図る。
スケーティングの蹴り足、乗る足の様な動きを意識して雪面コンタクトを失わない様な切り替えを練習したいと思います。

それからテレマーク以前にコンタクトレンズを導入した方が良いと言う事と、動画を撮る人は一番最後なんて滑っていてはダメだって事が良く分かりました。
posted by 信テレ at 03:21| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

2014/02/08:番長
この日は若栗にてBCツアーリスクマネジメント講習。
クラストした雪面に新雪乗ったコンディションであった。
急な法面などを登ると足元が切れるような感じ。
クラスト面はツルツルでは無くザラつきを感じ、蹴り込むとエッジが食い込むような柔らかさを感じるような硬さ。
切れたモノはスピードが出るような感じでは無かったので急斜面じゃなきゃ大丈夫、というのが私の見立てだったがエントリーした所が急斜面で沢を横切るような地形だった。。。
二木さんが入った時に足元から下が切れたみたいだが視力が中途半端な私には見えず。
私が入った時、対岸の尾根に乗るのにもたついた所で上部稜線付近から切れる。
上から落ちてくるのが見えるのは気分がいいものではない。
雪に足元をさらわれ2mほど落とされたところで立てたので、急いで対岸の尾根へ。
後で考えてみると、二木さんが切った所で元々プアだった斜面上部が下の支えが無くなってよりプアになり、私がもたついた衝撃で上からが切れた様な気がする。
若栗。。。
私の様なしょっぱいテレマーカーには恐ろしい所であった。
ああゆう日に急斜面でもたつくとああなると、勉強にはなったな。
posted by 信テレ at 03:14| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

小谷BC

2/11
昨年やったツアーのアンコールが先代よりきたので極秘開催。
参加者:副、先代、つっちー&あやちゃん、酩酊O町、中じじ
posted by 信テレ at 21:57| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツアー&BC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

140208_09ツアーリスクマネジメント&技術講習会

__.JPG__ (1).JPG__ (2).JPG__ (4).JPG__ (5).JPG
2014.2.8-9
二木さん@Port Snow HAKUBAを講師にツアーリスクマネジメントおよび滑走技術講習会を行いました。
天気は悪かったですが、充実した内容でした。



Day1 (2/8)ツアーリスクマネジメント@若栗
メンバー:組長、副組長、番長、先代、Fさわさん、ゆかりん、すぎさん、二木さん(講師)
概要:
・天候観察のポイント(天気図読み、風向き(過去〜現在)、降雪量(過去〜現在)、風紋、雪庇形状、木への雪の付き方)
・地形観察のポイント(地形から見る雪崩走路の把握:大木と幼木、藪エリアを見分ける。滑走時、雪の状態で尾根・谷地形のより安全な滑走ルートの判断。)
・ツアー中での雪質評価法(ポールを用いた評価、スキー登高時の簡易評価、ピットチェック(コンプレッション、ショベルシェア)、スキーカット)
・アバランチコントロール(スキーカット)
・滑走ラインの選択・セーフティーポイントの見極め(リグループの場所:走路を避ける、過去雪崩によるデブリ地形の把握、尾根、樹林でのリグループ、後続滑走者の停止点:先行者の上で止まらない)
夜の部:niki houseで宴会

Day2 (2/9)滑走技術講習会@ハクノリスキー場
メンバー:組長、副組長、番長、先代、Hのさん、すぎさん、二木さん(講師)
テーマ:強いテレマークターンを作る
・パウダーセッション(雪が降ったので講習はさておきパウダーを)
・強いテレマークポジションの作り方(荒れた斜面での斜滑降トレーニング〜ターンへ:強い前足を得るには腰を!、効果的な上体の使い方と外傾)
・上体・エッジの切りかえし方法トレーニング〜カービングターンへ(後ろ足のエッジの切り替えを理解するためのトレーニング方法いろいろ:後ろ足の加圧、伸び、ニュートラル〜カービングへ)

DEEPな部分は二木さんhttp://portsnow.web.fc2.com/info.htmlまで(笑)。
posted by 信テレ at 22:16| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする