2006年11月19日

「持久力と食事 私論その2」

さて、では、精製された穀類・糖類に対して、精製されていない玄米・全粒小麦・素精糖類は、緩やかに血糖値を上げて、それを維持する力がある。さらに下がっていく時も緩やかに下がり体と心理面に与える影響が少ない。
緩やかに下がるので、「うわっ腹減った」と感じにくい。
のでハンガーノック(シャリバテ)しにくい。
だから、上手に利用すれば、心身の持久力を栄養面からサポートしてくれるのだね。
じゃあ、何をどう食べるのか?
それは次回に!組長
posted by 信テレ at 09:41| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
究極の精製品として、山歩きをしている時、食用のぶどう糖を持っていったことがあります。食べると急激に血糖値が上がるためか、ここ一番のふんばり時や朝、ボーっとしている時など、集中力が高まりますが、たしかに気が付くと空腹感が強いかも。
うちの娘も甘いジュースなどを飲んだあと、血糖値が下がってくるのか、よくイライラしてきます。
Posted by 所沢 at 2006年11月19日 14:17
私もブドウ糖は利用しますよ〜。その点についても後日。あと血糖値の大きな下降は精神的不安定(イライラ)を招く事は実証されているそうです。経験的にもK〜子さんを見ていて、そうだと思います。
Posted by 組長 at 2006年11月19日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27787723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック