2014年02月11日

140208_09ツアーリスクマネジメント&技術講習会

__.JPG__ (1).JPG__ (2).JPG__ (4).JPG__ (5).JPG
2014.2.8-9
二木さん@Port Snow HAKUBAを講師にツアーリスクマネジメントおよび滑走技術講習会を行いました。
天気は悪かったですが、充実した内容でした。



Day1 (2/8)ツアーリスクマネジメント@若栗
メンバー:組長、副組長、番長、先代、Fさわさん、ゆかりん、すぎさん、二木さん(講師)
概要:
・天候観察のポイント(天気図読み、風向き(過去〜現在)、降雪量(過去〜現在)、風紋、雪庇形状、木への雪の付き方)
・地形観察のポイント(地形から見る雪崩走路の把握:大木と幼木、藪エリアを見分ける。滑走時、雪の状態で尾根・谷地形のより安全な滑走ルートの判断。)
・ツアー中での雪質評価法(ポールを用いた評価、スキー登高時の簡易評価、ピットチェック(コンプレッション、ショベルシェア)、スキーカット)
・アバランチコントロール(スキーカット)
・滑走ラインの選択・セーフティーポイントの見極め(リグループの場所:走路を避ける、過去雪崩によるデブリ地形の把握、尾根、樹林でのリグループ、後続滑走者の停止点:先行者の上で止まらない)
夜の部:niki houseで宴会

Day2 (2/9)滑走技術講習会@ハクノリスキー場
メンバー:組長、副組長、番長、先代、Hのさん、すぎさん、二木さん(講師)
テーマ:強いテレマークターンを作る
・パウダーセッション(雪が降ったので講習はさておきパウダーを)
・強いテレマークポジションの作り方(荒れた斜面での斜滑降トレーニング〜ターンへ:強い前足を得るには腰を!、効果的な上体の使い方と外傾)
・上体・エッジの切りかえし方法トレーニング〜カービングターンへ(後ろ足のエッジの切り替えを理解するためのトレーニング方法いろいろ:後ろ足の加圧、伸び、ニュートラル〜カービングへ)

DEEPな部分は二木さんhttp://portsnow.web.fc2.com/info.htmlまで(笑)。
posted by 信テレ at 22:16| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388132235
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック