2014年05月15日

20140428白馬杓子

1925790591_141.jpg 2月に行った杓子双子尾根から見える杓子沢と岩稜の風景は素晴らしく、縦にも横にもスケールを感じた。固い雪が緩むのも待ちつつ、白馬岳を登ってから、稜線沿いに杓子岳をトラバースして杓子沢のコルへ。前日までの晴れ連休もあり白馬槍からも杓子沢に奇麗なラインがひかれていた。杓子沢の巨大な岩稜の間を抜ける立体感のある感じが好きだ。2000m付近で双子尾根にトラバースして上部台地に登りあげ、長走沢を滑って猿倉へ。両沢、下部はデブリが多く、雪も緩くて気が抜けなかった。岩がもろく落石の多い杓子沢はどの時期に滑るのがいいのだろう。by au6
↓動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=pbWxedp3J3M
posted by 信テレ at 22:02| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック