2007年05月21日

070519-20聖岳南斜面

070520-01聖平冬期小屋.JPG070520-2ハイマツ帯の雷鳥.JPG070520-3聖岳から上河内岳.JPG070520-4聖岳から赤石岳.JPG070520-5滑走斜面.JPG070520-6長野側の露岩帯と対照的な静岡側の残雪.JPGメンバー:大庭
5/19霧,5/20快晴(小屋内0℃)
5/19便ヶ島8:30-西沢渡9:25-稜線2410m14:55-聖平小屋15:20
5/20小屋5:45-稜線2410m6:30-聖岳10:40〜10:50-(滑降)-標高2770m11:10-稜線2410m12:45-西沢渡15:20-便ヶ島15:50

土曜,雷雨が静まるのを待ち登山開始.
初日は標高差1300mをスキー担いでエッチラオッチラ慣れた道.
2410m稜線に出るも雪なし,深い霧,夏道下り冬季小屋へ一人入る.
小屋は築後8ヶ月,快適だが針葉樹材のにおいが強烈.
旧小屋ではミッキーマウスたちがコッヘル脇で踊っていたが夜は何も出なかった.
ミッキーたちどこへ引っ越したのか?

日曜,外は霧氷で真っ白,富士山もくっきり.余分な荷物は分岐にデポして高度を稼ぐ.

2600m付近から上は残雪が例年以上にあった.
南面の雪は陽光に照らされあっという間に腐る.
ノーアイゼンで平均32度の雪面を登る.
山頂からは仙丈ヶ岳から赤石岳の山並みがグー.
日本最南部の3000m峰に相応しい展望,馴染みのヤブ山も谷も.
滑降のラインは悩んだ末,県境の50-100m静岡側を選ぶ.
これ以上静岡よりを取るとブラインドの向こうには大斜面があるが急激に落ち込む滝場が怖い.
登り返しも大変そう.
ビビリつつ部分的に40度近い斜度は避けて斜滑降とジャンプターンの安全策.
標高差1900mをスキー担いで,スキーはたったの20分,修行にも似たツアーは無事終了.
posted by 信テレ at 21:30| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツアー&BC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
南アルプス聖岳のテレスキー記録 凄いです。便が島から登ったことないけど 雷鳥、マウス なんかいい! あの聖小屋、冬期小屋も新築か〜。
Posted by nabe at 2007年05月24日 10:07
冬期小屋広く明るくていいっスよ.
来年は上河内(雷鳥の隣の山)やろうと思いますが一緒にどうですかあ?
Posted by スナフキン at 2007年05月25日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック