2010年03月29日

100307 峰の原トラテレU

012.JPG014.JPG016.JPG018.JPG020.JPG022.JPG025.JPG
遅くなりました。細板オーナーの種明かしです。
うまく、板の順番に写真が並んでいるかな?


posted by 信テレ at 20:49| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

010307 トラディショナルテレマークスキー大会@峰の原

011.JPG013.JPG015.JPG017.JPG019.JPG021.JPG023.JPG
あいにくの天気で、水っぽい雪でしたが、結果として、細板には十分な深さの10〜15cm程度のヘリパウなどにも恵まれ、楽しい一日でした。
細皮どころか、細布とか、細ゴムまで、何でも来い!って感じで、改めてフリーヒールスキーの奥深さと楽しさを実感しました。
細板の素晴らしさを再認識するとともに、余りに面白おかしく、非常に有意義な大会だったので、早くも、来年のスケールアップをここに宣言します。
さて、どの板を誰がはいているでしょう?答えは次回お楽しみ!
参加者:N島、たけ、ふくちゃん、ナンクミ、2C、O森、m2s
レポート by N島さんに、細板の方がうまいじゃん、と言われ落ち込むm2sでした
posted by 信テレ at 17:32| 長野 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

100227_28セルフレスキュートレーニング栂池

CA390820_3.jpgCA390823_3.jpgCA390824_3.jpgCA390830_3.jpgCA390832_3.jpgCA390835_3.jpgCA390839_3.jpgCA390840_3.jpg
両日、栂池は雲を突き抜けて快晴。
汗ばむ日差しの中のトレーニング&ツアーでした。

2/27(メンバー:あゆむん、m2s、tkhs、つるねー、たけ)
場所:栂池天狗原〜ハクノリ
メニュー
雪崩斜面、走路観察(2/6ヒヨドリ南面、天狗原〜成城小屋付近で発生した雪崩跡)
雪層観察(雪質確認、硬度評価、温度評価方法等)
弱層テスト(コンプレッション、ショベルシェアー)
滑走 ハクノリ南斜面〜自然園(ザラメ)
宴会 つっちー宅

2/28(あゆむん、m2s、tkhs、つるねー、つっちー、N島、F沢、S原、C-na、たけ)
場所:栂池自然園〜天狗原
メニュー
ビーコントレーニング1個探索(スキーにてスピードサーチ)
ビーコン2個探索(発見したビーコンをつけたままで2個目を探索)
橇搬出(パウダーマスター)
滑走 天狗原(クラスト〜ザラメ)
posted by 信テレ at 21:59| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100228セルフレスキュー訓練2日目の写真

100228-s1.jpg100228-s2.jpg100228-s3.jpg100228-s4.jpg100228-s5.jpg


撮影:たけ
posted by 信テレ at 21:51| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

100227セルフレスキュー訓練1日目の写真

100227-s1.jpg100227-s2.jpg100227-s3.jpg100227-s4.jpg100227-s5.jpg

撮影:たけ
posted by 信テレ at 22:20| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

091227雲上の白乗

P1000054_3.jpgP1000067_3.jpgP1000076_3.jpg
朝は曇って暗い白馬だったけれど、登れば突き抜けるかも。天狗原で雲を突き抜け別世界。絶景。小日向山が島のよう。白乗に登って正面を1本。固めの雪。北のパウダーを狙って登り返してアンテナピークから北面へ。結局こちらも固かった。むしろ標高を下げた登り返しが雪が柔らかく、帰りの天狗原は乗りやすいパウダーだった。昨日の風で高所の雪はたたかれて標高の中間層がベストパウダーだった。雪読みは難しい。メンバー:m2s, ゆかりん,隊長
posted by 信テレ at 00:19| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

091226雪崩机上講習会

091226_1643~0001.jpg

参加者:組長、隊長、ゆかりん、m2s、F田、T中、N島、F沢、2C、ニシコ、たけ
講習内容
・昨シーズン受講したJANのASCでの受講内容の伝達
・安全行動原則の確認
・インターネットを利用した気象・積雪情報、雪崩情報
・植生からみる雪崩の記録
・掘り出しと低体温症について

シーズンインにあたって組員間で意識の統一ができてよかった。
今シーズンも安全に楽しく滑れますように。
posted by 信テレ at 23:17| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

091226初滑り会@五竜いいもり

091226-1.jpg
参加者:組長+豆大将、N田ファミリー、S沼ファミリー、m2s、F田、N島、T中、たけ
ファミリーにやさしいいいもりゲレンデで初滑り会。
朝一のきれいなグルーミングバーンで遊んでからゴンドラでアルプス平へ。
パウダーとはいいがたいけどコースわきのモコモコ斜面で楽しかった。
ファミリーチームはソリをしたりファミリーゲレンデで練習。
午前券でめいいっぱい遊んで抽選会でふりかけゲットして組長宅へ移動。

posted by 信テレ at 23:11| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

090808納会報告

sin1.jpgsin2.jpgsin3.jpg
sin4.jpgsin5.jpg
納会参加の皆様お疲れ様でした!
ゲリラ雷雨でしたが、バルコニーでバーべで盛り上がりました。
肉うまかったです。
この時期、スキーの話題はほとんどありませんでしたが、好きな山の話ができて、いい感じで過ごせました。
来シーズンもよろしくお願いします。(隊長)

参加者:たわだ組長、土屋家、小林家、福田、三枝、小松、西田家、難波、入信希望?2名

午前イベント:法蔵寺(猫寺)→本当に旨いうどん屋ツーリング
参加者:組長、たけ、西田家、R&Bぶん様
posted by 信テレ at 20:41| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

090502-06鳥海合宿

鳥海の前哨戦、月山


鳥海山初日、祓川ルート


大平から笙ヶ岳三峰


大平から御浜神社
posted by 信テレ at 11:11| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

080302信テレカップ

080302-1.JPG080302-2.JPG080302-3.JPG
木村です。
信テレカップ成績です。

順位:名前、申告タイム、実際タイム、タイム差、賞品
1位:ゆかりん、70秒、69.37、−0.63、三割引券
2位:番長、64秒、65.88、+1.88、二割引券
3位:薄井さん、59秒、61.33、+2.33、リリースプレート
4位:大庭さん、63秒、67.15、+4.15、ドリンクカップ
5位:大塚さん、52秒、56.69、+4.69、ワークスティンクス
6位:田中さん、65秒、70.79、+5.79、ドリンクカップ
7位:ぐりさん、57秒、64.21、+7.21、一割引券
8位:片岡さん、55秒、67.72、+12.72、ドリンクカップ

です。
みなさん、お疲れ様でした。
レース後の大塚道場(仮 )
posted by 信テレ at 22:14| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

080223信テレ・セルフレスキュー訓練

西田です。
セルフレスキュー訓練お疲れさまでした。
報告です。
メンバー:CL西田、SL太和田、土屋、椎名、小林、木村、杉原、田中、萩原(非組員)

@カラファテパウダーマスターは、製法、重量ともに活用できそうな感触でした(2006年で使用したものより、大幅改良、軽量)。
実際に引いた人数から行くと、6人+怪我人=7人以上のツアーなら実際に安全地帯への搬出が可能な感じでした。
IMGP2629.JPG
少ない人数では、橇搬送自体が厳しいので、人数に合わせて持っていくのがいいかなとおもいました。
Aツエルトでのビバーグは、自立式で作るより、積雪時期は、雪洞のほうが早くでき、縦掘りでも、ツエルト+板で屋根を作れば温かく有効でした。
Bパウダーツアー(一之瀬髪):極寒の中お疲れ様でした。弱層テストの後、滑走。新雪をのぞけば、安定。
新雪が深く、これ自体が不安定のため、尾根+林間を忠実に滑走。ディープパウダーで最高。
平川間近の稜線は表層が非常に不安定で、プチ表層雪崩誘発連発。今回、雪崩の亀裂で出来初めや、滑り面を沢山観察できた(前向き)。
稜線をはずさない事は重要。
IMGP2666.JPGIMGP2672.JPGIMGP2677.JPG
反省点:平川の積雪が十分でなく、渡渉に苦労した(僕は、こけて無残に沈)。温暖化のためか、スノーブリッジが出来ていなかった(9人渡渉45分)。帰りの林道は、新雪にリセットされていたため、時間を要した。また雪崩斜面のトラバースが数回あるため、チェックマンをたてながら、移動したため、時間を要した(林道1.5時間)。47駐車場への渡渉も沢が埋まっていなかった。積雪はあっても、水量、気温は変化しているのかも。
長時間行動でしたが、皆さんめげずに行動を共にしていただきありがとうございました。

また行きましょう!
地蔵の頭訓練開始9:00?〜入山11:30〜下山17:00
C宴会:組長家を提供していただきました。ありがとうございました!あたたかくて最高でした。
D2/24はさらに強力ストームでコルチナに変更しましたが、コルチナが稼動せず、解散。椎名君、藤沢さんはハイランドでパウダー当てたらしい?報告してね。

参加者の皆さん、気づいた点、感想の追加報告お願いします!!

posted by 信テレ at 22:29| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

080217トラディショナルテレ報告

IMGP2622.JPGIMGP2609.JPGIMGP2624.JPGIMGP2620.JPGIMGP2612.JPGIMGP2616.JPGIMGP2625.JPG
太和田です。
2月17日(日曜日)
会場、五竜スキー場
細板&ステップ板&革靴の体験会「トラテレ体験会」に参加のみなさん、こんな企画に参加してくれて、ありがとう!
参加者は
タケちゃん夫妻・つっち〜夫妻・中島さん・私&K〜子・木村番長・宮沢親分・杉原さん
です。
各種ステップ板の乗り比べ(タケちゃん、たくさん抱えて来てくれて、ありがとう)、革靴初体験、革靴履き比べ…
“意外な”くらい、みなさん楽しそうに滑っていて、企画した私はうれしく満足です。
細革の世界に“難しさ”ではなく“易しさ”+“優しさ”を感じてもらえたら、と思います。
posted by 信テレ at 22:55| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

070401焼肉乗鞍ツアー編

01.JPG02.JPG03.JPG04.JPG05.JPG
4/1
乗鞍温泉スキー場より摩利支天手前のピーク往復
メンバー:小林(CL)、木村、柴、福田、西田あ、ゲストM
ゲレンデTOP(09:15)→位ヶ原(10:50)→ピーク(11:55)→位ヶ原(12:30)→カーブミラーまで登り返し(13:00)→ゲレンデTOP
(13:35)

暴風雨は朝には収まっていて温泉からはピークがくっきり。
昨日のリベンジで富士見岳を狙う。
昨日の雨で雪はしっかりしまっていて登りはスイスイ位ヶ原へ。
風もさほど強くないので富士見方面へ。
ウロコ雲が広がりじょじょに曇りになるけどまぁ気にしない。
県道を横断したあたりから雪面が昨夜の雨で氷板になっていた。
富士見の斜面はカリカリで滑落しそうなので目の前の摩利支天横のピークに目的を変更。
それでもピーク直前のバーンはシール登行にはしんどかった。
ピークはさすがに風が強いのでさっさと滑り出す。
案の定ガリガリでシンドイ。
県道のカーブミラーまで降りると雪が緩んで快適で位ヶ原山荘方面に一本。
気分がいいのでツボで登りかえしてもう一本狙うが、
登り返し30分の間に雪はあっという間にガリガリに。
2本目は最低だった・・・・
あとはツアーコースの消化試合。
ゲレンデに出る直前の急斜面がグサグサに腐っていて個人的には一番よかった。
どれだけ経験積んでも山の雪は難しいと思い知った一日でした。
文責:たけ
posted by 信テレ at 21:57| 長野 | Comment(4) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

070331焼肉乗鞍宴会編

01.JPG02.JPG03.JPG04.JPG05.JPG
メンバー:小林、木村、椎名、柴、福田、高橋ふ、高橋か、ゲストM
温泉で体を温めて買出しをしませて宴会場へ移動。
風雨対策に車で四方を囲ってタープを張り恒例の七輪焼肉。
仕事あがりにシェルパが寄ってくれてワイワイスキー談義。
雨ニモマケズ風ニモマケズ焼肉をまっとうしました。
posted by 信テレ at 21:31| 長野 | Comment(1) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

070331焼肉乗鞍ツアー編

01.JPG02.JPG03.JPG04.JPG05.JPG06.JPG
3/31
乗鞍温泉スキー場から位ヶ原往復
メンバー:小林(CL)、木村、椎名、柴、福田、高橋ふ、西田ゆ、渡辺、大庭
ゲレンデTOP(09:30)→位ヶ原(11:05)→ゲレンデTOP(11:55)

予報では夕方から雨だというので早足で。
ツアーコースの切り通しを抜け位ヶ原に出ると風びゅーびゅー。
雲行きも怪しいので降りることにした。
風下に飛ばされた雪を狙ったがアイスバーンで玉砕。
まぁこんな日はあきらめて温泉と本命の焼肉へと続くのであった。
文責:たけ

posted by 信テレ at 21:13| 長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

070325信テレ技術交流会inさのさか

参加メンバー:NK氏、太和田T・K・K、土屋N・A、西田A・Y、菅沼N・K、渡辺、高橋K、藤沢、小林、椎名、本山、杉原、木村、非会員:Y、M、H、通りすがりのテレマーカー3名ほど
c-n-k.jpgtokorozawa.jpg
午前中はブンリンさんのニューモデル試乗会、午後、技術交流会という運びになった。
技術交流会では急遽参加が決まったNK氏を中心に幾つかのテーマに対し皆のアイデアも織り交ぜながら教えて頂いた。
○疲れにくいテレマークポジションは?
○より谷回りを意識して滑るには?
○滑りをスムーズにする効果的なストックワークは?
nabe.jpgnk-shi.jpg
時折コケやグラトリ、ハイテンションなトークなどで、自分ペースに持っていくのはさすが!
個人的には切り替えの時の弱点を指摘され納得。これからの練習課題が見つかっって良かった。
by番長
posted by 信テレ at 21:38| 長野 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

070304信テレカップ

参加者:大塚、中島、土屋、宮沢、大庭、薄井、小林、若林、木村(9名)
shintele-cup2.jpg
第49回松本市民体育大会便乗企画、第五回〜7回くらい(←誰か知ってる?)信テレカップが華々しく開催された。
インスペクション後、信テレカップの恒例の予想タイム申告。
この申告タイムに一番近い人が優勝するのだ!!
この時、基準になるのが信テレ最速の男である。
私は大塚さんのタイム+10秒の58秒。去年は1分越えたしコレでよし!
shintele-cup1.jpgshintele-cup4.jpg
今年のコースは気温が高かったのと、緩斜&片斜面でスピードが出にくいポールセットだったのか、みんな軒並みタイムを落としていたと思う。
私は去年の反省を踏まえ、人目も憚らず漕げる所は漕ぐ作戦。
それがうまい事ハマったのか?優勝頂きました。ごっちゃんでした。

順位 選手 申告タイム差shintele-cup3.jpg
1位 木村 1"01
2位 若林 1"92
3位 大塚 2"59
4位 中島 3"19
5位 小林 4"96

by番長




posted by 信テレ at 22:09| 長野 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

070224_25セルフレスキュー訓練報告

05、06シーズンに受けたスキーツアーベースのセルフレスキュー講習会をもとに、07シーズンはミニツアーを絡めたセルフレスキュー訓練を実施した。
jyakusou_test.jpgk_test.jpg
2/24ヒヨドリ
メンバー:西田(L)、太和田(SL)、椎名、小林、木村、柴、福田、高橋、薄井、杉原(10名)
雪質:固めのボコバーンに15cmくらいのパウダー
・ゴンドラ乗り場にてNK師匠(組員No.1)に遭遇。BD01を拝見。
・ツアールート上に見えるリスクサインの確認:フォークツリー、疎林、大小・木種混合林
・雪崩走路の通過:ウォッチマン、通過間隔
・弱層テスト:弱層j観察、ショベルコンプレッションテスト、ゾンデチェック、ストックバスケット
・補助ロープ(6mm)での確保:肩がらみ、腰がらみ、ハーフヒッチ
・ビーコン捜索:斜面での広範囲捜索、スキーを履いてのビーコン捜索は難あり(消失点までの安全な移動に有用か)、要した時間5-6分(4、5名で1ビーコンを捜索)。捜索リーダーの統率が要。ピンポイントゾンデリングはヒット率高(ただし、訓練だと突く深さが浅くなりやすいので、埋没深さを考慮する。深く突くべきか)。発見後の掘り出しも気を抜かない(迅速な気道確保)。
・宴会:いきなりコタツ下にねずみの巣、餃子、シュウマイ、焼肉、キムチ鍋、焼きうどん&アルコール
t-kick.jpgc-ne_kassou.jpgn-shi_kassou.jpg
2/25八方尾根
メンバー:西田(L)、太和田(SL)、椎名、木村、柴、福田、高橋、土屋、中島、藤沢、永井、鶴巻(12名)
雪質:上は20cmくらいのパウダー、中は重めのパウダー、下はブロックアイスバーン
・ビーコンチェック:受信チェック後、送信をするほうがベター。
・弱層テスト:南面、北面で弱層チェック。当日南面は25cmていどのところにCTEの弱層あり。上層は硬めではあるが、気温の上昇も高く、大人数で滑るにはリスクが高いと判断(ボーダーが気持ちよさそうに滑っていたが)。北面は同等の層があったものの非常に硬く、上部のパウダーも安定。
・滑走:八方押出、一斉滑走の禁止、無線の利用、ウォッチマン、安全地帯での集合、雪質変化・デブリ確認(上は天国、下は地獄)

感想:1日目は2シーズンで受けた講習会のトレースが出来た。マニュアル化して、最低限の技術は共有化していきたい。2日目は時間が無くて、搬出〜安全地帯への収容訓練が未消化であったのが心残り。八方尾根は登山雪訓の滑落停止とかにはいいかもしれないがスキーの訓練には向いていないかも。やはり山パウダーは楽しい。参加の皆さんお疲れ様でした!
posted by 信テレ at 01:06| 長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

070203-04テレマーク全日本選手権

hyosyo.JPGusui.JPGshinchan.JPG
薄井です。
2月3日(土)、4日(日) 『テレマーク全日本選手権大会』参加報告です。
会場:栂池高原スキー場(白樺ゲレンデ)
参加人数:ポイント女子13名・男子40名
       マスター女子1名・男子17名
       オープン女子2名・男子8名 
                        合計81名

オープン参加者、非常に少なく初日はSP男子2人・CL男子3人のみと寂しい限り。
インスペクション(下見?)後、オープンクラスからのスタートでバーン条件の良い
状態
での滑走。大塚師匠から伝授の緊脱法でスタート前の緊張を乗り越えいざスタート、
インスペクションで成功したはずのジャンプが本番は進入スピードが違いすぎ
着地でバランス崩して転倒!板リリース!。スカイホイにブレーキ取り付けて
いたため、ステップインに時間かかり、パニック状態で着地点まで登り返し。
ジャッジの「旗門クリアしてるっ!て言ってるだろー!」の怒声でわれに帰り
慌てて再滑走、ヘリコターンを2箇所何とかクリアしランセクションで息きらして
フィニッシュ。
SP2本目は、へなちょこジャンプでごまかし、ヘリコが1箇所に減ったおかげもあり
何とかフィニッシュ。
午後のCLは1本のみ。SPにプラス距離のランセクションで吐きそうになりながらフィ
ニッシュして
倒れこむ。後からのポイント女子選手も全員フィニッシュエリア内で倒れこみ、中に
は泣き出して
いた選手もいた。マスター選手の中には、夏からランセクション対策でローラーブ
レード使用して
トレーニングしていたとの話しもでる。
2日目GSは副組長を筆頭に信テレメンバーがオープン参加してくれてモチベーション
アップ!
結果は優勝、準優勝だったが、これは参加人数不足と、信テレ佐野坂ポールレッスン
のおかげ
と考える。
スタート、ラインどり、ジャンプ、ヘリコターン、ランと難題は多いが、クラッシッ
ク競技が
レースの中で一番苦しいけど楽しかったように感じた。(信テレ向き)
 
posted by 信テレ at 23:14| 長野 | Comment(4) | TrackBack(0) | 企画報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。